岐阜の豊かな自然の下、飛騨牛は飼育されています。飛騨牛とは
        岐阜県内において14ヶ月以上肥育された黒毛和種で、日本食肉格付け協会の
        実施する枝肉格付けにおいて肉質等級5等、4等、3等級に認定された牛肉のみに
        与えられる銘柄です。

当牧場内の牛


   ◆ 名牛 安福号

名牛 「安福号」は、昭和50年に兵庫県から導入後、
「飛騨牛の父」として、平成5年まで活躍し、県内和牛の
肉質改善に顕著な功績を挙げ、飛騨牛の銘柄確立の礎を
築きました。

   安福号     名牛 安福号


      


   ◆地域ブランドの保護と地域経済の活性化するために、
           地域団体商標制度がスタート!          

今回、”飛騨牛”が特許庁から認定され、地域団体商標を
取得しました。



   ◆銘柄牛に関するアンケートの調査結果

飛騨牛銘柄推進協議会が行ったアンケートの結果が、
発表されました。 〜銘柄牛認知度調査編〜 です。


  ◆第8回全国和牛能力共進会 岐阜大会

5年前の岐阜大会では、”飛騨牛”が最優秀枝肉賞を受賞
し、名実共に日本一になりました。



   ◆第9回全国和牛能力共進会 鳥取大会

5年に1度、開催されるこの大会は、和牛のオリンピックとも
言われています。今回は、10月13日〜14日全国から500頭
の参加でした。
今年の全国和牛能力共進会において、肉牛群で見事に
”飛騨牛”が優等賞1席(肉質賞)を受賞しました。
総合では、第2位と飛騨牛は大健闘しました!
            大会結果は こちら から


   ◆平成19年度 第4回飛騨牛カーニバルにおいて
                優秀賞受賞


優秀賞枝肉 全国大会への取り組みの検証として
 鳥取大会に出場できなかった飛騨牛
 のみでカーニバルを開催しました。
 銘柄確立に役立る試みです。
 (←当社受賞の枝肉)


   ◆平成16年度 岐阜県畜産共進会において
                 優秀賞受賞


優秀賞枝肉
 飛騨牛は何と言っても、その美味しさに
 あります。肉の柔らかさは当然のこと、
 脂の甘さに思わず感動です!最近では
 その美味しさが高く評価されています。
 ( ← 当社受賞の枝肉)