(まじたしんじ)
交田紳二



(ヤフーオークション)・・・・・新作商品

(ヤフーブログ)・・・・・日々の長良陶房

(Home)・・・・・ごあいさつ
交田紳二)・・・・人物の紹介
工房、ギャラリー)・・・・・窯と店の紹介
(お問い合わせのメール)・・・・・長良陶房(交田紳二)へのメール
(通信販売の表示)・・・・・特定商取引に関する表示
(店の地図、周辺のご案内)・・・・・its-mo Guide (いつもガイド)
(English)・・・・・Guidance





(写真提供) 中日新聞社

(交田紳二のプロフィール)


1975年 岐阜市長良生まれ。
1994年 県立長良高校卒業後、多治見市の虎渓山水月窯に就業。
人間国宝(志野・瀬戸黒の技術保持者)故荒川豊蔵氏が開窯し、
現在の主宰者である同氏の子息武夫氏、達氏のもとで8年間修行。
2003年 岐阜市長良にて長良陶房を開窯。
食器・茶器などを中心に制作。
「お客様の声を作品に反映させる」をモットーに作られた、
IH対応土鍋も制作。



106_0648.jpg

  
2基の轆轤を、土の種類によって使い分けています。

汲出などは多い日で200個ぐらい水引きします。
削りの作業は、それより2.3倍は、時間をかけます。
ボテッとやわらかい造形であってもぎりぎりまで薄く、
軽い器体にします。(花入は、そうはしません)

現在、電動轆轤を使用していますが、
水月窯では、手廻し轆轤で技術を学んできました。

最近は轆轤を回す職人はめっきり減ってしまって、
型で作る人が多いので、とても残念に思います。


119_1952.jpg


当初は、1基の窯だけでしたが、
平成17年7月に、2基目の窯を作りました。
今では、大小2つの窯がフル稼働しています。

2基目の窯には、瀬戸黒を引き出す口を空けました。
1200度という炎の中からいきなり引っ張り出されて、
水の中に付けられるのですから、その現場は、豪快です。

派手さとは裏腹に、取り出すタイミングは難しく、
何度も挑戦しているものの、釉が溶けていなかったりして、
商品にできるものは、わずかしかありません。
瀬戸黒は貴重なやきものです。



(陶芸教室をしない理由) 平成18年1月1日
 

私は、水月窯で、技術を教えてもらって、育ってきたわけではありません。
初めは、叱られ、怒られてばかりでした。
失敗から学ぶことしか、私は知りません。
現在もそうです。

今の私の嫁さんの立場がそうなのですが、
泣きながら、しっかり学んでいます。
お客様(生徒さんと呼ぶのでしょうか?)にそんなことはできません。

私が目で盗んできたものをなぜ簡単に人に教えることができるでしょうか。

毎日、私どもとともに、やきものの制作に携わることのできる人の出現を
これから、楽しみにしています。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


(陶芸教室をしない理由 その2)
    平成18年3月31日
 
土を触り、やきものを作るということは、
太古の時代から、人間の欲するところで、
その原点回帰が精神を癒すことでしょう。
すばらしいことです。

そもそもが、自発的な欲求であるので、
「教えてもらう」ということは必要ないものだと思います。

現在、教育という環境が変わってきています。
そんな中で、私は特に、カルチャースクールのような教育が、大嫌いです。
「学ぶという力」が劣っていくことが、問題だと思うからです。

人に質問したりすることは、人間社会で欠かせない
コミュニケーションです。それを答える立場の人間が、
環境によって、答えを変えなければいけないと思います。
特に現代では、企業など、また個人レベルであっても、守秘義務は大切です。

私のところには、何人か、趣味で陶芸をやっている人が、よく訪れます。
ひとそれぞれの回答を瞬時に出します。
一応の満足をしてもらっているご様子で、
何度も訪れてみえます。

私はケチで、人に教えないのではありません。
何も知らないひとに、手取り足取り教えてあげるのが、
絶対に、いやだということです。


続きます・・・ (何も知らないひとについて)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

(陶芸教室をしない理由 その3)    平成18年4月31日

やきものについて、私は、分からないことが沢山あります。
やきものについて、私は、少し知っているつもりでもいます。
やきもの以外のことについては、何にも分かりません。

「私は、×××について、何でも知っているから、
何でも聞いてください」
このようなことは、×××のプロと称するひとなら、
絶対に口にできる言葉ではありません。
この逆の立場もそうだと思えるのです。

かつて、私は自分の車の整備に関して、
エンジンの積み降ろし関連以外であれば、
自分で、できる知識と自信がありました。
それは、メンテナンスブック等を、徹底的に
読み調べていたからです。
分からないことがあれば、
知人の自動車整備会社の方が、
ニコニコとしながら、教えてくださいました。

知らないことは人に聞かない、
自分で、勉強するのみ。
それでも、分からないことは、
人に頼ることが必要だと思います。

骨董が好きな人、やきものが好きな人、
趣味で陶芸をやっている人が、よく訪れます。
そういった方々と、
自然に、仲良くなっていき、
教えられ、情報交換をし、前に進んでいきます。

「陶芸教室をしない理由」は、もう終わりにします。



(ヤフーオークション)・・・・・新作商品

(ヤフーブログ)・・・・・日々の長良陶房

(Home)・・・・・ごあいさつ
交田紳二)・・・・人物の紹介
工房、ギャラリー)・・・・・窯と店の紹介
(お問い合わせのメール)・・・・・長良陶房(交田紳二)へのメール
(通信販売の表示)・・・・・特定商取引に関する表示
(店の地図、周辺のご案内)・・・・・its-mo Guide (いつもガイド)
(English)・・・・・Guidance